「死役所」見逃し・あらすじ・コミックの立ち読み!2019年秋ドラマ

「あずみきし」さん原作の人気コミックが、ついに松岡さんでドラマ化される事になりました。題名がハードですので、当然の深夜枠といった所ですね。

主人公は、松岡昌宏さんが演じる「シ村」。 シ村は、何らかの理由によりこの世を去った死者達が訪れる「死役所」で働く職員です。

人生を省みる新しい人間ドラマでしょう。

原作のファンは、芸能人も多く、 広瀬すずさん、きゃりーぱみゅぱみゅさんなどがSNSで広めて話題になったりしました。

「死役所」の概要

此岸(しがん:この世)と彼岸(ひがん:あの世)の境界に存在する市役所ならぬ「死役所」。ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。あるいは――。

この物語は死役所に勤める職員であるシ村が主人公。 シ村は言葉や態度などが丁寧すぎて、かえって無礼で 嫌味な態度である慇懃無礼 ( いんぎん-ぶれい )な態度がクセになる新しいタイプの主人公です。

造られた笑顔の裏には、壮絶あ過去を持ち、時折みせる冷徹な表情が印象的です。

   

ドラマ概要

https://twitter.com/tx_shiyakusho/status/1163571788569178113?s=20



原作 あずみきし『死役所』
(新潮社バンチコミックス刊)
放送日時 2019年10月16日スタート!
毎週(水)深夜0時12分~0時52分
放送局 テレビ東京系
レギュラー陣 松岡昌宏 黒島結菜 清原翔 松本まりか でんでん


 

右上: 黒島結菜さん(三樹ミチル役)

急性アルコール中毒で亡くなった女子大生の死者である三樹。性格はわがまま(良く言えば天真爛漫)「酒の強要」を理由に殺人事件としてもらう事を望み、シ役所に居座り続ける。次第に、シ村の笑顔の秘密・過去が気になり始める・・・ ドラマの鍵を握るキーパーソン

 

左上:清原翔さん(ハヤシ(林晴也)役)

チャラくミーハーな青年で一見は今風でシ役所 生活事故死課に勤務。語尾に「す」をつける言葉遣いが特徴で、祖父(時代劇役者)の影響を受ける。出生の秘密に苦しむものの、幸せな家庭を築くのだが…

  

右下:松本まりかさん(ニシ川(西川実和子)役)

シ役所 自殺課にて勤務。シ村とは仲良く見えるが、他人には一切興味がない。 美人だが笑顔はなく、口が悪い。口元のほくろが特徴的。生前は美容師で、シ役所の仕事は出来ると評価されている。

 

左下:でんでんさん(イシ間(石間徳治)役)

シ役所 他殺課にて勤務。 「死役所」の良心とされるイシ間。 強面だが人情に厚く涙もろい。 生前は妻に先立たれ子供もなかったため、姪・ミチを娘のように可愛がっていたが、ある事件に巻き込まれ人生が一変 。

「死役所」の原作コミックを立ち読み

現在、13巻まで連載中です。

1巻のあらすじ

お客様は仏様です。此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。あるいは――。“助けたこと、後悔してるんです。…こんなことを考えてる、自分が嫌で…”命を棄ててまで、守りたいものはありますか?魂抉る死者との対話、待望の第1巻。

2巻のあらすじ

お客様は仏様です。此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。あるいは――。“つらかったけど、楽しかったなぁ……”自分を押し殺してでも、叶えたい夢はありますか? 魂抉る死者との対話、慟哭の第2巻。

3巻のあらすじ

お客様は仏様です。此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。あるいは――。“死ぬまで一緒に、コントするで!”すべてを肯定してくれる、人生のパートナーはいますか? 魂抉る死者との対話、絆の第3巻。

スポンサードリンク

4巻のあらすじ

お客様は仏様です。此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。あるいは――。“あたし、知っちゃいました。シ村さんの過去”知られてはいけない、永遠の咎はありますか? 魂抉る死者との対話、回顧の第4巻。

5巻のあらすじ

お客様は仏様です。此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。あるいは――。“あんたあたしの弟なんだよ? 誰の子供とか関係なく、無条件で”。無条件で受け入れてくれる、心の居場所はありますか? 魂抉る死者との対話、骨肉の第5巻。

6巻のあらすじ

お客様は仏様です。此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。あるいは――。“死んで償ってほしい……そう思うと同時に、心から反省してほしいと願っていました……。”犯罪被害者の処罰感情を、想像したことはありますか? 魂抉る死者との対話、泡沫の第6巻。

7巻のあらすじ

お客様は仏様です。此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。あるいは――。“人間いつ死ぬかわからないから、オレはいつでも自分らしく生きていたい” 曖昧な幸福の指標に、踊らされていませんか? 魂抉る死者との対話、訣別の第7巻。

8巻のあらすじ

お客様は仏様です。此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。あるいは――。“俺のしたことが正しかったとは断言出来ねぇ。本当は罪なんて犯したくなかった”誰も傷つけることのない、正しい選択ってありますか? 魂抉る死者との対話、惜別の第8巻。

9巻のあらすじ

お客様は仏様です。此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。あるいは――。“お母さん…。一緒に死のうか…”終わりの見えない現実に、寄り添うことが出来ますか? 魂抉る死者との対話、献身の第9巻。

10巻のあらすじ

お客様は仏様です。此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。あるいは――。“よく頑張ったな、直樹…。もういい、好きに生きなさい”家庭教育の在り方について、考えたことはありますか? 魂抉る死者との対話、自立の第10巻。

11巻のあらすじ

此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。あるいは――。“そいつは、裁かれなきゃいけないだろ”民意の代弁者として、法廷に立つ覚悟はありますか? 魂抉る死者との対話、真偽の第11巻。

12巻のあらすじ

お客様は仏様です。此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。あるいは――。“私なんて無職になった時点で死んでおけば、誰にも迷惑かけずに済んだのに…”生活保護問題の本質を、履き違えていませんか? 魂抉る死者との対話、尊厳の第12巻。

13巻のあらすじ

お客様は仏様です。此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。あるいは――。“幸子さん、結婚してください!”ささやかな永遠を、願ったことはありますか? 魂抉る死者との対話、誓いの第13巻。

2019年秋ドラマ「死役所」のあらすじ

放送され次第、追記していきます。

楽天市場